phoneenquiries@gecworld.com
広島英語学習センター
カリキュラム相談
リーディング、ライティング、スピーキングとリスニングの三つのセクションに分かれていますが、言語の四機能は独立したものではなく相互依存的なものであるという認識のもとに、開発するカリキュラムの中に以下のスキルや戦略を組み込み、集約し、発展させます。

カリキュラムを作成する際には、文部科学省の「小・中学校学習指導要領」に定められた学習目標を使用します。
1-リーディング力の育成
GECのリーディングカリキュラムによって、学校で次のようなスキルを育成する教育課程を行うことができます。
  • 英語で書かれた文章を流暢に、正確に、かつ理解して読む
  • 自立し、クリティカルに文章を読み、情報に基づいて適切な選択をする
  • 印刷物、メディア、ICTを含めた非常に多岐にわたる英語のテクストや情報源から情報を選別し、情報について判断を下す
  • リサーチをし、英語のテクストを評価するためにスキミング、スキャンニング、テクストマーキングなどのスキルを効果的に使う
  • 加速学習や意欲的で自立した学習を補助するために多様なCALL教材を使う
  • アカデミックな文章において、メインアイデア(主題)と、それを立証するための詳細な説明を区別する
  • 分析、解釈、統合などの高いレベルのリーディングスキルを育てるために、より複雑なテクストを読む
フォニックス
フォニックスプログラムによって、学校で英語の基本的な音を学び、初期のリーディング力を育成するプログラムを行うことができます。このプログラムの構成は次のようになっています。
  • 読み方の基本的なルールを理解し、応用する
  • スピーキング力とリスニング力を育成する
  • 質が高く、明確で体系的なフォニックスを教える
  • 広範囲に渡る豊富な言語カリキュラムの中にフォニックスを組み入れる
  • 質の高さを最優先にしていることが分かるようなフォニックスの授業をする
2-ライティング力の育成
ライティングカリキュラムによって、学校で次のようなスキルを育成する教育課程を行うことができます。
  • 目的(情報を伝える、説明する、解釈する、評価する、分析する、探求する等)に合わせて多様なスタイルを使い分けて書
  • アイデアを発展させ、広範囲に渡る専門的な語彙、効果的なスタイルを使って、文法的に正しく文と文章全体を整理し、理路整然と組み立てて、読者に意味を伝える
  • 手書きで読みやすく書いて文法と句読点を正確に使い、正しい綴りで、分かりやすく書いたものを発表する
3-スピーキング力とリスニング力の育成
スピーキングとリスニングのカリキュラムによって、学校で次のようなスキルを育てる教育課程を行うことができます。
  • 考えを明確にして表現し、意見を説明する
  • 意味を確認したり、理解できているかを確認したりする
  • ペア/グループディスカッションやそれよりも多い聴衆に対して話をすることを含め、さまざまな状況に合わせた英語の使用をする
  • 多様で特殊なテーマに関する語彙についての知識を伝えるために英語を使う
  • 様々な目的(情報を伝える、説明する、描写する、分析する、反省し評価する等)のために話す
  • 社交や学習のために、効果的にコミュニケーションをとる
  • 意味が明瞭でないときに説明を求める
  • 日本語と英語の両方の学習に関わる文化的、行動的価値観の同一性や相違を認識する
  • 英語を使う際に言語的にクリエイティブである
  • 日本および国際社会の中での言語の豊かさを認識し、反応する
  • 理解して聞き、気を配りながら適切に応答する
  • キーワードやワードパターン、主題が何かを聞き取ったり、理解を深め、予測や推測、要約をしたり、発音を聞き取ったり、下調べのために聞き取ったりするなどの様々なリスニングの経験をつむ